「着る毛布」という製品が流行ったのは、もう数年前のことになるでしょうか。

当時はそのあまりの不恰好さに、「こんなもの、一体誰が買うんだろう」と思っていました。
しかし、あれから数年…。

ふと立ち寄った家具の量販店で見かけた「着る毛布」は、
毛布自体の品質もさることながら、デザインも非常に洗練されたものになっていました。


しかし、発売当初かなりバカにしてしまった思い出から、いまだに素直に手に取ることができていません。

お値段もかなり安くなってきて、正直今が買い時だということも重々理解しているのですが、
無駄なプライドに邪魔されて買いたいのに買わない日々を過ごしてしまっています。

誰かプレゼントしてくれないかなあ…。

Comments are closed.