年を重ねていくと気になるのが肌のたるみです。顔や体形がたるむことによって、実際年齢よりも老けて見えるなど、女性だけではなく男性にとってもマイナス要因が大きいものです。加齢に伴い進むたるみですが、原因を知ることで対策を立てておきましょう。

特に気になるのが顔のたるみですが、大きな原因として外的要因である乾燥があげられます。加齢によって、真皮を構成するコラーゲンや弾力を与えるエラスチンなどの質や量が減少しています。また肌は常に内部の水分を蒸散させています。

コラーゲンなどの成分が減少している肌が乾燥すると、ただでさえ加齢によって水分不足気味の肌の乾燥に拍車を掛けてしまいます。肌の乾燥は新陳代謝(ターンオーバー)が悪くなり、古い角質が残るため、この角質によってバリア機能が低下し、肌の潤いが逃げやすくなります。

バリア機能が低下した結果、水分不足の悪化と紫外線などの外的刺激を受けやすくなって、たるみが実際の年齢に比べて目立ったしまうこととなります。キーワードは肌のターンオーバーをいかに助けてあげるです。

たるみの症状として、まず目元や目じりに小さなしわが出てきたり、目の下にクマができたりします。また、鼻から口に縦のしわが出てきたら要注意です。顔は露出しているため外的刺激を受けやすいため、これらのサインを見逃さないようにしましょう。

対策として多くの美容商品がありますが、ターンオーバーを整えることを中心にケアを考えると、クレンジングによる角質ケアが重要となります。肌へ栄養成分を十分に与えるためにも角質ケアを重点的に取り入れてみましょう。

Comments are closed.