巻き寿司アートを見ました。

本当に、切っても切っても、出てくるお相撲さんや、
お花、熊、ネコ、ペンギンなど、精巧にできていて、驚くばかりです。

誰がいったいあんなすばらしい絵柄が出てくる、巻き寿司を考えるのでしょうか?

日本人の手の器用さには驚くと共に、
同じ日本人がすばらしい巻き寿司アートを作ることが誇らしいような気持ちにもなりました。

巻き寿司というのは、今や、世界中の国々で、広まっているので、
ぜひとも、この巻き寿司アートを世界の人に見てもらいたいと思います。

残念ながら、真似をするのは難しいかもしれませんが、
日本人ってすごいって、思ってもらえるに違いありません。

日本人が器用に折り紙を折ったり、おしぼりで、ウサギや、テディベアを作ってしまうのも、
本当に、すばらしいことだと感激しています。

Comments are closed.